引越し業者選びのポイント

引越し業者の選び方にもコツがある

引越し業者はどこにすればいいのか、迷いに迷う程多くの会社があることに驚きますね。
数ある中から何をポイントに選べばよいのでしょうか。

価格やサービス、あらゆる角度から見て自分にとってベストな引越し業者を選ぶ為に 少なくとも最低限確認しておきたいポイントをまとめました。

会社の規模や知名度だけで判断はできない

テレビコマーシャルを流すような大企業だから安心で、地元の人しか知らない中小業者だから不安、と判断しがちですが、必ずしもそうとは限りません。

実際に引越し作業をするのは作業員であり、繁忙期であれば学生バイトや派遣等、引越しプロとは言えない人も増えるから。このあたりは、作業にあたる人に大きく左右されて印象も変わりますし、たまたまの運も影響してきます。

ただし、会社の姿勢や研修等は見積りの営業員の態度や電話対応とある程度は比例しますので、見積りの段階で気乗りしないと思ったら別の会社にした方がいいでしょう。

レビューサイトの口コミを読むと判るのですが、同じ会社の引越しでも、次回もお願いしたいという人と、二度と頼みたくないという人に分かれており、作業員の対応によるところが大きいと実感します。

また地元密着の小さい業者が経営者も含めて大変熱心で感じが良くて見直したという声があるのも事実です。

さらに繁忙期に無理やり予定を入れるような混雑具合だと、1件ずつの作業が駆け足になり、雑になるのもある程度予想されます。

大企業ならば万が一のトラブルの際の補償内容や、交渉相手が現場とは別になりますが、中小だと現場も営業も兼務対応で長引くということもありえます。

最終的にはあなたが優先したい事項から検討して判断するしかないのですが、社名で最初から判断するのは得策ではないかもしれません。

複数業者の見積りを比較する

見積りは1社だけで決めるのは避け、複数業者の見積りを比較するのが大事です。
同じ内容の引越しなのに、業者によってこんなに金額に差があるのかと驚きます。

これを知らずに1社の見積りしか確認しなければ、その見積りが妥当と勘違いしますし、 業者は「値引きに応じる前提」で最初の見積りを出しているとも言われますから、高い買い物となる可能性があります。

その差は数万円にもなるのです。面倒でも複数者の見積りをとるようにしましょう。

訪問見積りを利用する

電話やネットだけで正式な見積りは出せません。
居住環境や、荷物の量など素人の説明では不十分な上に、そのまま引き受けても現実にはかなりの誤差が生じ、当日追加料金が発生する可能性も高くなります。

営業員が訪問してくるのは嫌だという人もいますが、見ないで見積りを出すのは無理ですし、トラブルの原因となります。下見には必ず来てもらいましょう。

また、その時

  • トラックのサイズ
  • 作業員の数
  • 荷物・住居の破損の補償範囲
  • 追加発生の可能性
  • キャンセルが無料でできるタイミング

について確認してみてください。

業者にとってあまり面白くない質問への受け答えが会社を判断する材料の一つになります。 ここできちんと答えてくれない、曖昧な言い方をする業者はやめた方がよさそうです。

他にも選ぶポイントはありますが、少なくとも、これらのことはクリアした上で 納得できる引越し業者を選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ